Nattou

ヨーロッパ・ベルギー発のベビー用品通販

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

お問い合わせ

 

HOME»  ベビー用品を贈りたいお祝い行事

ベビー用品を贈りたいお祝い行事

赤ちゃんの成長を祈願するお祝いはいくつかありますが、近年では形式的な行事はやらずに、簡単にご家族や身内だけでお祝いされるご家庭も増えているようです。地域によっても内容が異なる場合もありますが、一般的には下記のようなお祝い行事が伝統的に行われています。このようなイベント時にも、お祝いの気持ちを込めてベビー用品のギフトはいかがでしょうか?

お七夜

出産してから7日目に行われるお祝いで、赤ちゃんの誕生と名前のお披露目をするとともに無病息災を祈願する行事です。そのため名づけ祝いといわれることもあります。現在では半紙に名前を書き、親族でお祝いするのが一般的です。出産祝いを贈る時は、このお七夜を終えてから贈るようにしましょう。Nattou Shopのインポートベビー用品は、欧米ブランドということもありプレゼント被りも避けることができるので、出産祝いギフトとしても人気です。

お宮参り

赤ちゃんの誕生を地元の氏神様に感謝し、無病息災を祈願する行事です。正式には男の子が生後31日目、女の子が生後32日目とされていますが、お母さんの体調や天候を見ながら生後1ヶ月前後で行う方がほとんどです。服装にもこだわらずに、ご家庭に合った方法で行います。

お食い初め

一生食べ物に困らないようにという願いを込めて、生後100日か120日目に行う行事です。尾頭付きの鯛や鯉などの焼き魚や煮物、ごはんを食べさせる真似をします。昔は白木の三方・土器の椀皿・柳の白木箸などを使用していましたが、現在では新しい食器に、ご家庭で決めたメニューで行われています。

初節句

初めて迎える、女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句のことで、それぞれ無病息災を祈願してお祝いします。雛人形や武者人形を贈るのが慣わしでしたが、近年では重要視されることもなく、代わりに活用度の高い品物がプレゼントされています。

初誕生

満1歳の誕生日のことで、無事に1歳を迎えられたことに感謝してお祝いをします。地域によっては、祝い餅と呼ばれる力餅や立餅を赤ちゃんに背負わせてお祝いする所もあります。

Nattou Shopでは、手軽にインポートベビー用品やおもちゃ、ケア用品が購入できる通販サイトです。赤ちゃんにとって優しい素材を使用したおもちゃは、出産祝いギフトとしてはもちろん、様々なお祝い行事にご利用ください。